忍者ブログ

ちょちょい日記

頭の中のほんのちょっぴり浮かんだ疑問を書き綴っております。

いいともの最終回

小学生の頃からやってた笑っていいともが32年間の放送をもってついに昨日最終回を迎えた。スタートしたのが1982年。その当時と言えば、まだ西部警察や太陽にほえろ!放送されていた時期ですよ。アメリカでは、ナイトライダーが始まった年。そんな時代からずっと続いてきた長寿番組がとうとう終わってしまった。当たり前のようにやってた番組が消えてしまうのは、寂しいですね。平日のお昼、毎日生放送でやってたのが凄いです。今みたいにVTRを延々と流し続けて、その間スタジオにいる芸能人達は、ワイプ画面に映って表情を作ってるだけの生番組とは違って、ちゃんと芸や話術を見せて32年続いたわけですからやはり凄いです。




普段は、学校や仕事があったから、ずっと見てこれたわけではないのですが、夏休みや冬休み、また、病気で学校を休んだりした時は、いつもチャンネルを合わせて見ていましたね。金曜日のタモリとさんまの雑談が一番印象に残っています。ダウンタウンやウッチャンナンチャンがレギュラーで出演していた頃がやはり一番面白かったし、思い出深い。一昨日の最終回には、ビートたけしがゲストで出ていたので、夜の特番と合わせてレコーダーに録画し、さっきようやく見たけど、やはりこういうのは、生で見てこそ価値がありますね。32年の重みが画面に滲み出ていたというか。しばらく地上波を見ないうちに、BIG3やかつてのレギュラーメンバーもかなり御歳を召されていた。タモリは、まだ元気そうだし、作りようによっては、まだまだ続けられた番組なのにもったいない気がした。テレ朝の徹子の部屋なんか、いいともを上回って、38年もやってるのに、今期からいいともが放送されていたお昼の12時に移動して、まだまだ続くみたい。でも、いいともは生だし、さすがに出演者も疲れたんでしょうね。



このいいともの終了と共に、1980年代から続いてきた日本のお笑い界の体制にいよいよ大きな変動が起き始めたような、そんな印象を受けた。ここ数年のテレビは、自国の番組に力を入れず、狂おしいほど隣国のプッシュばかりをやり続けたせいで、より劣化が激しくなってしまったようだ。ネットでもあまりいい話を聞かないし、視聴率も全体的に駄々下がりのようで、かつてテレビっ子だった自分も地上波にはほとんど目を向けなくなってしまったし、昔のようにテレビ雑誌を買って、面白い番組をチェックするようなこともなくなった。まあ、そういうことはもう若い子に任せておけばいいと思うのだが、若い子も最近はテレビを見なくなっているようだし、テレビの斜陽もますます深刻度を増しているようだ。


ドリフの全員集合のような大型生番組みたいなものは、今はもう作れないのでしょうね。あんな大掛かりなことができる芸人もいないし、作り手もいない。いいともはまだいろんなことやれそうだったのに、まあ時代の流れなのでしょうか・・・。

拍手[0回]

PR

コメント