忍者ブログ

ちょちょい日記

頭の中のほんのちょっぴり浮かんだ疑問を書き綴っております。

やれやれ・・・

新年を迎えて早10日程過ぎましたが、北朝鮮がICBMを発射するとか、トランプがトヨタを脅迫したとか、都民ファースト党が動き出したとか、平成が終了するとか、さっそくめまぐるしく世の中が動いておりますが、年始早々にまたあの国が騒いでおりますね。

一年前に突然この件が持ち上がった時は、正直何が起きたのかさっぱり理解できなかった。何で政府が10億円払うのか、なぜそれを払ったら解決になるのか、最終的かつ不可逆的解決という言葉の意味もよくわからなかった。あの国にそんなこと通用するの?ありもしないことで何で金を払うの? 疑問だらけだったが案の定、あの民族は、一年経った今もその約束を反故にしてけったいな像を立てまくっている。ようやく日本政府も重い腰を上げ、日本の大使を引き上げさせたり、SWAP交渉の中止などの対抗措置を取ったが、向こうの次期大統領候補がこれまた絵に書いたような反日議員ばかりで、問題が解決するどころか、ますます困難な状況になるばかり 。

結局、何をどうしようともあちらさんは聞く耳を持たない。テキトーに理由をつけて賠償のお代わりを求めてくるだけ。国同士の約束ごとを感情論で骨抜きにしてなかったことにしてしまう。手の施しようのないやっかいな国。昔からそういうイメージがありましたが、今回のことでますますそういうイメージが定着してしまった。だいたいこれまでにも経済支援だなんだって日本はあの国に何百兆円もの金を注ぎ込んできたわけでしょうに。今までどれぐらいあの国に金を使ってきたかその合計額を出してみたらいい。そういう積み重ねがあるにも関わらず、あちらさんは都合良くそれを忘れて、これからもタカリ続けるわけだ。

日本のメディアは見渡す限りの反日ばかりで、今世紀に入ってから日本人側に立った報道がどんどん薄れていくばかりですが、今回の件に関してはさすがにどこもあの国に批判的なようですね。かと言って気づいたらまたあちらの肩を持つような記事ばかり書くんでしょうけどね。そもそもこの問題を作ったあのねつ造新聞社が未だにえらそうな記事を書き、この問題についても他人事のようにご高説を垂れ流していることに違和感を覚えます。日本はまずメディアの再編を急がないと、本当にもうダメですね。

拍手[0回]

PR

コメント

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

プロフィール

HN:
ガース
性別:
非公開

カウンター

最新コメント