忍者ブログ

ちょちょい日記

頭の中のほんのちょっぴり浮かんだ疑問を書き綴っております。

テレビ界が衝撃らしい・・・

テレビ離れテレビ離れと言われて久しいが、実際のところテレビからは離れていない。テレビはよく見る。スカパーやレンタルDVDを見るのによく使う。だから、テレビがなくなるのは困る。でも地上波はほとんど見ることがなくなった。厳密には、たまに見ることはある。今期は、一応一本だけドラマも見ている。でもそれ以外は全くと言って地上波見ることがない。昔は夢中で27時間とか24時間テレビも見たけど、もうどちらもマンネリなので見なくなった。




あのフジテレビが8月の平均視聴率でTBSに抜かれて第4位に転落したそうだ。フジテレビ全盛期にテレビをよく見ていた者にとっては驚きの出来事だ。去年から絶好調と言われるテレビ朝日が今年もリードしているようだ。今はもう完全に勢力図が変わってしまったようです。だからと言って地上波は見てないので特に気にはならない。フジはある意味自業自得だ。昔テレビは時代をリードする存在だったが、今は一番時代遅れの存在になりつつあるようだ。



2年前に起こったあの8000人デモ。なぜあの時あんなに視聴者が反発したのか、その意味がまだよくわかっていないみたいだ。長年視聴者に嫌がらせを続けてきたつけ。それはもう経営トップの責任だけど、未だに責任取っていないようだし、だからついに見捨てられたのであろう。80年代の日本はまだ若かったけど、あの時のようなエネルギッシュさは今はもう感じられないし、芸達者な芸人もいないし、この人なら絶対見たいと思わせるズバ抜けて存在感のある魅力的な若い役者も見かけなくなったし、センスが良くてワクワクさせてくれるドラマもなくなった。



今考えるとアクションドラマが流行ってた頃の日本て、わりと安定した時代だったし、アクションドラマが国力のバロメーター的な存在だったのではないかなあと最近思うようになった。今はそのアクションドラマが皆無だから、不安定な時代だし、国も元気がないように見える。高齢化社会だからそっち向けの番組が増えるのはやむを得ないとしても、やたら妥協して小さくまとまった番組ばかりになってしまっている感じがする。


東京オリンピックも決まったことだし、排除すべきものは排除して、嘘偽りのないエネルギッシュな地上波が見たいと思う今日この頃…。

拍手[0回]

PR

コメント