忍者ブログ

ちょちょい日記

頭の中のほんのちょっぴり浮かんだ疑問を書き綴っております。

メディアの終わり

ということで、アメリカ大統領選挙は、ドナルド・トランプが勝利しました。中国寄りのヒラリーか、自国ファーストで政治は素人のトランプかの、日本にとってはどちらになっても不利益を被りそうな極めてダークな選挙戦だったわけですが、泡沫候補と言われていたあのトランプが勝ってしまった。やはり、世の中、何が起こるかわかりませんね。個人的には、トランプで良かったかな。エンターティナーとしては、やっぱりこのおじちゃんのほうが面白いし、魅力がありますよね(苦笑)。アメリカでは、トランプが大統領に選ばれたことに反発して、各地で暴動が起きたとか。そんな一旦決まったものが覆るわけもないのに、自分の思い通りにならないと暴力も辞さない、そういう勢力がいるんですよね。日本でも常日頃平和を唱えている人にそんなのが多い(苦笑)。


今回の大統領選でアメリカのメディアが無様な姿をさらけ出してしまったようです。トランプが大統領になったら世界の終わりかのような偏向報道を繰り返し、隠れトランプとか、またわけのわからない造語を作り出して、ヒラリー側についていた自分達の取材能力のなさや、読みの甘さをひた隠しにしている。あのCNNでさえ、ヒラリーが必ず勝利する、トランプなんか絶対にありえないってな感じの決め付けた報道をしていたし。


それに輪をかけて酷かったのが、やはり日本のメディア。こちらもヒラリー勝利確実ってな具合の報道を繰り返し、地上波に出ているコメンテーターやら評論家は誰一人トランプの勝利を予想できなかったとか。いや、一人か二人はいたみたいですが、じゃ残りの人達は何なのって感じですよね。普段テレビやラジオで偉そうな事を言っててもこの有様。結局また日本のメディアがいかにいい加減で自分達のご都合のみで動いているかを露呈させてしまった。もうね、この展開を読めなかった胡散臭い評論家達をテレビ出禁にしてもらいたい(苦笑)。今回の大統領選は、世界の終わりというより、メディアの終わりを感じさせてくれましたね。


子供時代のテレビのゴールデン帯は、アニメ、特撮、アクションドラマ、時代劇、バラエティ、映画と、多様なジャンルの番組が放送されていましたが、今は、どのチャンネルに合わせても似たようなバラエティ番組しか見かけないし、いつの頃から胡散臭い評論家や、取材もしないのにジャーナリスト気取りの芸人が司会をする報道バラエティショーみたいな番組が増えてしまった。で、そういう番組で偏向報道が繰り返され、視聴者に誤った認識が植えつけられる。馬鹿な司会者が増えてしまって、視聴者まで馬鹿になりかねない、という今の日本は、そんな危ない構図を抱えてしまっている。


ここ数年の地上波は、多様性を失って、年々ゲスい方向に向かっているような気がしてならない。視野狭窄に陥っているというか、井の中の蛙というか、自分達の都合のいい番組しか作らなくなってしまった感じがします。地上波は、80年代のようにもう一度エンターテイメントに徹するべきだと思うんですがね。本気でスターを育てる。本気で面白い番組を作る。馬鹿な評論家はもう要らない。馬鹿な報道バラエティも要らない。


トランプと安倍総理の会談がまもなく行われるみたいですが、はたして、どんな話し合いが行われるのでしょうか。実りあるものになるといいのですがね・・・。


拍手[0回]

PR

コメント

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

プロフィール

HN:
ガース
性別:
非公開

カウンター

最新コメント