忍者ブログ

ちょちょい日記

頭の中のほんのちょっぴり浮かんだ疑問を書き綴っております。

何度目だナウシカ

例によってまた北朝鮮のミサイル問題で大騒ぎになっている。ちょうど一年前のこれを読み返したら、やはり去年も同じ時期に北朝鮮がミサイルを発射するしないので大騒ぎしていた。ちなみに去年は、13日の金曜日にミサイルが発射されたが、打ち上げは失敗に終わっている。かの民主党政権がのさばっていた時代。この時、コーヒー大臣と呼ばれた人が国の防衛を仕切っていた。北のミサイルよりも末恐ろしいことになっていた日本。あの頃のことを考えると、北のミサイルなんてへっちゃらな気分にもなるが、なんせ指導者が30歳と若いから、一体何を考えているのか判然としないのが怖いところでもある。作戦なのか、本気なのか、それは、今日から15日の間に結果がわかるんだろうけど、やはり日本のマスコミがこれをまた異常に騒ぎ立てて不安を煽っているわけなんですね。




確実な情報を元に騒ぐならいいんだけど、どうも最近のマスコミは、自分で取材する能力が落ちているのか、出所が不鮮明なところから取ってきた情報を、吟味することなく、要するに裏を取らないで垂れ流しにするとか、あるいは、テキトーに捏造するとか、そう言う事を悪気もなく平気でやっている節がある。最近とくに信用できないのは、NHK。民主党政権時代、相当おかしな報道をやりまくっていたこともあって、もうここ数年一切見ていないが、今もまだかの国を立てて自国をけなしめるような報道を続けていると言う噂を聞くし、まあ早くどうにかしないと駄目なんじゃないかとは思う。NHKは、民放と違って、毎年国から予算が出ているわけで、その予算は、日本国民の税金から支払われている。自国を立てない報道ばかりするテレビ局になぜ国民の血税が支払われているのかと、そこは誰もが疑問に感じるところだと思います。予算なんてやらないでいいのにね。どうせろくでもない使われ方をしているに違いないし。まあ、とにかく情報に惑わされてはいけないと言うことです。



ようやく自民党政権に戻って政治がすこぶる安定かつスムーズに進んでいることは、大変喜ばしいことだ。去年の今頃は、ネットで国会中継を見るたび絶望のどん底になり、マジで生きてる心地がしなかった。コーヒー大臣とか二度とごめんだ。

拍手[0回]

PR

コメント