忍者ブログ

ちょちょい日記

頭の中のほんのちょっぴり浮かんだ疑問を書き綴っております。

新聞が消える日

ここ最近話題になってる朝日新聞の一連の謝罪報道。テレビのほうは、子供の頃からテレビ朝日系列の朝日放送をよく見ていたが、新聞の朝日は、生まれてこの方読んだことがないので、あまりピントこない。うちは、昔から読売か、数年前に産経に切り替えたこともあったが、今はまた読売に戻っている。と言っても、最近はほとんど読むことがないし、日頃の情報はネットのニュースサイトなどで見ているので、昔みたいに新聞を読む習慣がなくなった。なんか接点があったかなあと考えてみたら、高校の時、数ヵ月ほど朝日新聞の配達のアルバイトをやったことを思い出した。32年もの間、慰安婦に関する捏造報道を繰り返してきたということは、つまり、私がバイトしてた頃もずっとこの手の捏造報道をやっていたということなのか。あの頃は、全然気にしていなかったけど、考えたら末恐ろしいものを感じる。




もっと恐ろしく思ったのは、有名なジャーナリストのコラムを朝日新聞が載せなかったこと。そのジャーナリストは、朝日新聞にコラムを連載しており、例の従軍慰安婦の報道を検証するコラムを書いたらしいが、朝日新聞がその掲載を断ったという。内容は、見ていないので知らないが、おそらく朝日新聞に関する批判も書かれていたのであろう。常日頃、他企業の批判を書き連ねている一新聞社が、自分達の都合が悪いからと、言論封殺のようなマネをしたことにものすごく衝撃を受けたと言うか、恐ろしさを感じた。それは、メディアが自分で自分の首を絞める、言わば自殺行為に等しい行為ではないのか。このニュースを聞いた瞬間、ああ朝日新聞は、自ら腹切りしたんだなと。廃業宣言したんだとそう思った。日本は、どこぞのような独裁国ではなく、言論や表現の自由が保障されている国だ。もちろんそこには責任が伴うが、朝日新聞は長年無責任に、自分勝手な思い込みを紙面に掲載し、日本人を騙し、欺き続けてきたわけだ。しかも有料で。



新聞各社それぞれ主義主張みたいなものがあって当然だとは思うけど、無理筋の主張を押し通すために、酷い捏造を繰り返し日本人を貶しめてきた朝日新聞。メジャーな新聞社が倒産する、そんな瞬間を見る日も近いのであろうか・・・。

拍手[0回]

PR

コメント