忍者ブログ

ちょちょい日記

頭の中のほんのちょっぴり浮かんだ疑問を書き綴っております。

激戦!21人の都知事候補

東京都知事選が盛り上がっていますね。候補者がこれまでの最高の総勢21人ということでおそらく今東京ではかなり激しい演説合戦が繰り広げられているのでしょうが、相変わらずテレビは、勝手に主要3候補などと名付けて枠をくくり、その3人しか立候補をしていない、選択肢は3人だけだ、この中から都知事を決めろと言わんばかりのとち狂った報道を続けているみたいですね。今は、全く地上波のニュースを見ていないし、スカパーとネット中心に情報を見ているから知る由もないのですが、まあ、いつものごとくいわゆる洗脳報道を繰り返しているのでしょう。


中立とか公平とかそんなものはもうすでに日本の地上波のニュースにはなく、ただただ自分達にとって都合の良い候補者しか取り上げない。こういう姿勢が結局マスコミ不信を一層際立たせる原因になっていると思うのですが、それに気づいていないのか、気づかない振りをしているのか、あるいは意図的なのかよくわかりませんが。だから、私はもう地上波のニュースなんか馬鹿馬鹿しくて見なくなったんですよね。国民の知る権利を奪う行為を平気で行っている。これが今の日本の報道、マスコミなんです。今年はとりわけ酷いですね。ネットを見れば、テレビが推している3人の候補以外の主張も調べればすぐにわかりますが、本来、こういう情報は、テレビが伝えなければならないはず。電波は、国民の財産のはずなのに、それを放送事業者が自分たちの偏った考えを基にして責任を放棄している。つまり、今テレビ局で働いている人間達は、もう放送事業者たる資格が全くないに等しい。そして管轄の総務省も何にもしない。今日本のテレビは異常な事態を迎えているわけです。


フジテレビが昨日、一昨日と恒例の27時間テレビを放送したみたいですが、なんとその視聴率が歴代最低の7.7%だったらしい。地上波のニュース番組は見なくなりましたが、ごくたまあにバラエティ番組などは見ることがあり、27時間テレビでは、毎年深夜に放送されているさんまと仲居のコーナーだけは必ず見ていたのですが、今年は、初めて全く見なかった。タモリが総合司会を務めた一番最初の27時間テレビ(当時は、24時間だったかな)は、暴行事件を起こしてしばらく謹慎していたビートたけしがテレビに復帰したり、さんまを含めたお笑いビッグ3もまだ若く、24時間お笑いフル回転って感じで本当に面白かったが、最近は、馴れ合いが酷い上に、やることなすこと毎年同じでマンネリが酷いので、あのコーナー以外は見なくなっていたのですが、今年は、本当に1秒たりともチャンネルを合わさなかった。責任や義務を全く果たさないテレビ局には何も期待できないし、やはり自然と見なくなっちゃうんですよね。フジに関わらず、テレビ局もそろそろ本格的に改革しないとこれからますます駄目になっていくと思いますね。


泡沫候補と言われている人達の中には、「NHKをぶっ壊す!」とNHKの政見放送で言い捲くった人がいたらしいですが、凄いインパクト(笑)。パチンコ批判をする人、ときめく東京を掲げる人などなど、泡沫候補のほうが個性的でユニークな政策を掲げていて、また演説にも魅力があります。アメリカのトランプ氏も最初は、泡沫扱いされていたが、マスコミの予想に反して大統領候補にまで上り詰めた。日本の今回のこの都知事選もひょっとしたら、泡沫候補の中からまさかの都知事誕生なんて奇跡が起こるかもしれません。結局それは、都民しだい。この日記を見ている都民の方はいないかもしれませんが(苦笑)、偏向・洗脳テレビに惑わされず、ネットで他の18人の主張を知るなり演説を聴くなりして、本当に誰が今の東京都知事にふさわしいのか、時代にマッチした素晴らしい都知事を選び出して欲しいですね。

拍手[0回]

PR

コメント

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8 9
10 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
ガース
性別:
非公開

カウンター

最新コメント