忍者ブログ

ちょちょい日記

頭の中のほんのちょっぴり浮かんだ疑問を書き綴っております。

薄まるテレビ視聴習慣

2月24日にケーブルテレビのデジアナ変換サービスが終了。2011年夏に地上デジタル放送がスタートしたわけですが、その時、アナログ放送は完全に終了したわけでなく、うちみたいにケーブル経由で地上波を見ているところではデジアナ変換でアナログ放送を見ることができたのです。しかし、そのデジアナ変換放送も昨日終了し、うちでまだ現役のブラウン管テレビで地上派のアナログ放送を見ることができなくなってしまった。と言っても、うちにはハイビジョンレコーダーがあるので、地上派を見る場合は、それを経由して見るのでさほど影響はないのですが、これでまた地上派とは一層疎遠になりそうな気がします。




デジアナ変換終了でビデオ録画もできなくなり、とうとううちのビデオ機器も再生専用機となってしまった。だがこれもここ数年、地上派の番組を録画することはなかったし、さほど影響はなかった。10年前は、まだバリバリに活躍していたビデオもこれでようやく一つの役目を終え、80年代から続いてきたビデオ録画の習慣がこれで完全に終わることになる。レコーダーを買うまでに計5台ぐらい買い換えて使ってきたが、さすがに今残っているビデオも古くなってきて、3倍で録画したテープの再生ができなくなっていたり、ヘッドがかなり傷んでいるようです。再生専用なら探せばまだ新製品があるみたいだけど、S-VHSが見られる再生機が全く売り出されていないのが残念だ。S-VHSの簡易再生ができるものはあるみたいだが、でもそれだと本来の画質で見ることができないので物足りない。



著作権保護やら何やらで国がメーカーに規制をかけている影響らしいが、こんなことしているからますますテレビが楽しめなくなり、衰退していくんですよね。スカパーのほうを優先したり、時間の関係でここ数年地上派のドラマは全く見ることがなくなったが、おそらくもう地上派では私が期待するものは見られないだろうと思っているので、とくに何も気にならなくなった。最近はスカパーのほうも古い作品の放送が少なくなってきていて、私が望んでいる方向とは逆を行っているので、そろそろ契約しているチャンネルを減らす方向で考え始めている。ホムドラは昔は古い特撮やドラマを放送してくれていたが、今はそれらよりも韓国ドラマ優先して、いつの間にか路線変更しちゃってるしね・・・もう。奥さまは魔女が終わったら即切り。チャンネル銀河も大都会シリーズの放送が終了したら切って、東映チャンネルをメインにして、あと見たいチャンネルだけ単独契約って形でいいかな。



子供の頃、相当なテレビっ子だった私でも、最近のテレビにはついていけなくなったというか、いやはや歳なのかもですね(苦笑)。もっとこう骨太で夢のある番組て出てこないものなのでしょうかね。ほんと雑いし味気ないし窮屈で仕方がない。

拍手[0回]

PR

コメント